カテゴリー別アーカイブ: 計算力学振動

V2計算力学振動2級標準問題集第3版調査_本書の使い方

「本書の使い方」を読みます。

「計算力学技術者2級(振動分野の有限要素法解析技術者)」の認定試験の「想定問題」と書いて有りますね。

「試験問題の設問形式は、この問題集に記載されている設問形式と同様な方法が取られます。」
とも書いて有ります。

分野を固体と比較してみます。

振動(3版) 固体(9版)
1 計算力学のための数学の基礎 同左
2 動力学の基礎 固体力学の基礎
3 材料力学の基礎 熱伝導の基礎
4 振動工学及び音響工学の基礎 有限要素法の定式化
5 有限要素法の基礎 有限要素法の実践
6 要素の選択・メッシング 数値計算法の基礎
7 モデリングの基礎 要素テクノロジーの基礎
8 境界条件及び荷重条件 モデリングの基礎
9 数値計算法の基礎 境界条件の使い方の基礎
10 ポスト処理の基礎 プレポスト処理の基礎
11 結果検証の基礎 同左
12 コンピュータの基礎 同左
13 計算力学技術者倫理 計算力学技術者倫理

章番号は違っても対応関係が有る章も有ります。

端的な違いは、以下の通りです。

(1)動力学と固体力学の違い。
(2)振動では、材料力学に1章を割いている、固体では熱伝導に1章を割いている。
(3)振動では音響工学も対象としている。

V1計算力学振動2級標準問題集第3版調査_はじめに

振動分野2級にも進出してみようと思います。

第3版は2014年9月25日発行です。

「はじめに」は固体力学分野とも共通する事が多く書かれておりますが、振動分野特有の事に着目してみたいと思います。

振動分野の2級の試験は2012年に開始されました。

「有限要素法による機械や構造物の線形振動解析(音響を含む)に関する基本的な知識及び技術を有する事を認定致します」と書いてあります。

「第2版から、「4.振動工学及び音響工学の基礎」に理論モード解析に関する問題を追加し、解答全般の充実を目指しました。」とも書いてあります。

 

 

 

G01_ブログ開設のご案内

インサイト代表取締役の三好です。
いつも弊社をお引き立て頂き、誠に有難う御座います。
この度、ADVENTURE、ADVENTURE on Windows、FEM及び計算力学一般の話題を対象とした弊社公式ブログを開設することにしました。
皆様よろしくお願いします。
執筆者ですが、私以外に、Hideさんという方にお願いしております。
Hideさんは、インサイト所属では有りませんが、外部からADVENTURE関連事業等を支援して頂いております。
皆様どうぞお引き立ての程、宜しくお願いします。