A03_ADVENTURE の 単位系

Hideです。
今回は単位についての説明をします。
一部のADVENTURE ソルバーモジュールを除いて(例 : ADVENTURE Magnetic)、ADVENTURE では単位換算機能がありません。
このため単位はユーザーの責任で、解析モジュール内で自己矛盾が起きないように管理、考慮する必要があります。
単位無しという考え方は、慣れてしまうと状況に応じて自由に単位を選択できるというメリットが生まれる反面、最初はどのように単位を選択すれば良いのか面食らうことになります。
ADVENTUREでは、プロジェクト内で矛盾が起きなければ、どのような単位であろうとも受け入れられます。
日本ではCADモデルをインチ単位で作成されることは、あまりないと思いますがインチ単位での入力も、もちろん可能です。
表は各単位系での換算表です。単位は状況、ユーザーの利便に応じて適当に選択すれば良いのです。

Clipboard01
例えば応力解析の場合、mm単位データを使うことが良くあります。
mm単位を採用する一番目のメリットは比較的小さい物を解析する場合、mm単位で表示するほうが直感的に判りやすい、ということが挙げられます。
例えばコインをデータ化する場合、m単位よりもmm単位の方が分かりやすくなります。
2番目のメリットは、mm単位系でデータ入力すると応力はMPaで出力されます。
応力を表示する場合、MPaで表現されることが多く、単位の換算が不要になり簡便です。

次回は ADVENTURE Magneticを使った、IPMモーターの非定常磁場解析結果の紹介を予定しています。

「A03_ADVENTURE の 単位系」への1件のフィードバック

  1. 以前、ADVENTUREの単位系について述べました。そこで、ADVENTURE Magneticは、無単位系の処理システムになっていないことを述べました。
    その後ADVENTURE Magneticの単位系を調べ、ADVENTURE Magneticも無単位系になっていることがわかりました。Ver.1.7.0のマニュアル5.2章に単位系の記述があり、無単位系であることが明記されています。マニュアルの例題はSI系で記述されていますが、SI系にこだわる必要ないということです。
    マニュアル5.2章に単位系の表があります。どのような単位で入力、出力されるのかは、こちらをご覧ください。
    誤った情報を伝えて申し訳ありませんでした。

    Hide (2016.12.04)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です