カテゴリー別アーカイブ: 計算力学固体2級

S114:弊社主催の日本機械学会認定技能講習会の8月度日程

今年度の計算力学技術者試験の申込期間が8月17日(木)と近づいておりますが、弊社主催の日本機械学会認定技能講習会の8月度の日程を以下の通りご案内しますので皆様、ぜひ奮ってご参加下さい。
尚、講習の詳細は以下のURLの情報をお読み下さい。
http://www.meshman.jp/seminar/cae.html
8月度開催日時
第1回8/11(金)14:00-17:30
第2回8/28(月)14:00-17:30
(第2回は8/17以降の開催となっておりますのでご注意下さい。修了証の日本機械学会への提出期限につきましては、各自で日本機械学会にご確認下さい。)
定員:各4名
開催場所:弊社会議室(PC持参は不要です)

この講習会は(社)日本機械学会の計算力学技術者資格認定専門委員会より同会が提供する付帯講習(技能編)の代替講習会として公認されております。
講習会修了者は以下の2種類の特典を受ける事が出来ます。

(1)(社)日本機械学会の 計算力学技術者(CAE 技術者)初級の認定を受ける資格を得ます。

(2)(社)日本機械学会の 計算力学技術者(2 級)(固体力学分野の有限要素法解析技術者)受験に必要な「付帯講習(技能編)」が免除されます 。
当社の修了証のコピーを機械学会に提出して下さい。
当社の講習会を弊社会場において受講された方には「修了証」を当日発行致します。(遠隔地受講の方は郵送期間をみておいて下さい)
受講料:
平日開催は、20,570円(消費税込)
休祝日開催は、23,070円(消費税込)
(Skypeによる遠隔地講習もご相談に応じます。こちらも2,500円の上乗せとなります。)

講習内容:
片持ち梁の曲げ問題をWindows PC上でオープンソースCAEソフトADVENTURE_on_Windowsを用いて解析して頂きます。日本機械学会が求める要件を満たす内容の講習をご提供致します。

S112計算力学固体2級標準問題集勉強法について_11重要単語集81-90

81番から90番です。

作成方針は、1から10番をお読み下さい。

連番 名前 意味
81 主応力 せん断応力がゼロとなるときの垂直応力(Wikipedia主応力)
82 モールの応力円 幾何学的な関係から簡単に任意の角度の応力状態、あるいは主応力やその方向を求める事の出来る円(CAE技術者の為の情報サイト:モールの応力円)
83 梁理論 断面寸法に比べて十分に長い梁が曲げを受けた場合、変形前に中心軸に垂直な平面は変形後も垂直と平面を保つという仮定に基づいた理論
84 歪-変位関係式 歪の各成分を変位の偏微分(勾配)で表した式
85 自由度 節点の未知数の数の事。
86 要素剛性マトリックス 各要素の節点荷重と節点変位の関係を表現する係数のマトリックス
87 アイソパラメトリック要素 変位だけで無く、座標値も形状関数を使って補間する要素の事。
88 ヤコビ行列 全体座標系と局所座標系の各軸同士の偏微分を成分とする行列
89 剛体移動 物体が変形せず(歪が零)に、平行移動したり回転したりする事。剛体移動、剛体モード、剛体運動、剛体変位、剛体変形とも言う。
90 導関数 微分で導かれた関数の事

S111計算力学固体2級標準問題集勉強法について_10重要単語集71-80

71番から80番です。

作成方針は、1から10番をお読み下さい。

2016/12/07 弱形式を修正。

連番 名前 意味
71 弱形式 2解の微分方程式に積分近似を適用した後に、部分積分を適用して1階の微分だけが含まれる式に変形したその形の事。
72 強形式 弱形式にする前の微分方程式。2階微分を含む。
73 変位法 節点における変位を未知数とおいて定式化を行う有限要素法の事。
74 応力法 節点における応力を未知数とおいて定式化を行う有限要素法の事。
75 仮想仕事の原理 一つの物体が複数の力を受けて釣り合っている時、その物体が十分小さい仮想変位を受ける時はその力のする仕事は 0 である。(Wikipedia仮想仕事の原理)
76 スカラー 大きさのみを持つ量の事を言う。但し正負の向きは持っても良い。
77 ベクトル 大きさと向きを持った量の事。第2の意味として要素を(縦または横に)一列に並べたもの
78 テンソル 世の中のあらゆるテンソルの説明が理解出来ない人は取り敢えず行列(マトリックス)だと思って下さい。
79 座標および時間を指定すれば、(スカラー量、ベクトル量、テンソル量などの)ある一つの物理量が定まるような関数の事
80 最小ポテンシャルエネルギーの原理 外力の作用を受けて釣合状態にある構造物の変位場として,そのポテンシャルエネルギーを最小とする変位場が存在するという原理

S110計算力学固体2級標準問題集勉強法について_09重要単語集61-70

61番から70番です。

作成方針は、1から10番をお読み下さい。

連番 名前 意味
61 ベルヌーイ・オイラーの仮定 梁の側面に描き込んだ直角な枡目は、 梁が曲がった後も直角を保つ、つまり曲げを受ける平面内の剪断変形は生じないという仮定。
62 中立軸 中立面と横断面の交線であるy軸を中立軸と呼ぶ。
63 脆性材料 塑性変形をほとんど生じないで破壊する材料
64 ミーゼス応力 物体内部に生じる応力状態を単一の値で示すために用いられる相当応力の一つ。
65 マトリックス変位法 バネやトラス部材を組合わせた構造について変位と力の関係を部材単位で構築し、全体の剛性方程式に集約して力や変位を解く方法。
66 熱歪 物体の温度が上下した時に生じるあらゆる方向に均等なひずみの事
67 部分積分 2つの関数の乗算になっている被積分関数の1つだけを部分的に積分する事
68 多項式 単項式(数、文字、およびそれらの積のみで表される式のこと)の複数(2つ以上)の和や差として表される式の事。
69 形状関数 有限要素法で、要素内における変数の分布を表す近似関数のこと
70 エネルギー原理 (内部エネルギー変化)=(外力のした仕事の和)という関係式

S109計算力学固体2級標準問題集第9版調査_13章解説索引

13章の解説の索引です。第8版とは関係有りません。

項目 ページ
暗号化 251
安全率 253
意識 251
委託内容 252
インストール-指定外パソコン 251
影響 251
応力計算結果 252
遅れ-業務の 253
親会社 252
改変-アプリケーションの 252
技術者 251
技術的問題 252
基準 253
規範 251
強度評価クライテリア 253
共有情報 252
経験技術者 253
計算-正しい 251
契約完了 252
契約更新 252
権利保護-複製の 251
口外-委託内容 252
貢献 251
子会社 252
コピー-著作物 251
コミュニティ 251
再計算 252
再計算 253
財産権-侵害 251
最善-尽くす 251
仕事 251
事実の歪曲 251
指示命令権 252
実績 253
使命 251
社会 251
社外秘 252
社外秘データ 253
社内情報連絡 252
社内秘業務 252
出向 252
守秘義務 252
遵守 251
使用許諾契約書 251
常識 251
常時接続 252
情報-漏れる 251
初心者 252
自律的 251
ジレンマ 251
正解 252
税務上 252
設計基準データ 253
設計認定 251
設計変更 252
切断-ネットワークから 252
窃盗行為 251
対応処置 253
他律的 251
端末操作 253
忠誠 251
調査不足 252
追加検討 252
電子メール 251
転籍 252
テーマ目標達成責任 253
内部干渉 252
ノート-自分の 253
バックアップ-個人の 252
バックアップ-ソフトウェア 251
販売目的 252
評価基準 252
評判 252
複製 252
複製-ソフトの 251
251
報告-間違いの 252
目標未達 253
モラル 251
ヤング率-間違い 253
倫理 251
類似委託 252

S108計算力学固体2級標準問題集第9版調査_13章問題索引

13章の問題の索引です。第8版は関係有りません。

項目 ページ
暗号化 164
安全側 162
安全率 167
意識 161
委託-類似の 164
委託側 165
委託内容 165
違反 163
依頼 162
請負業務 168
応力計算 165
応力計算業務 163
応力集中 167
遅れ-受託業務の 168
解析委託 164
改良-無断 164
荷重負荷 167
関連部署 168
期限-受託業務の 168
技術的問題 166
規範 161
機密情報 164
強度解析 165
強度解析業務 167
業務契約 165
計算結果 166
契約違反 166
結果-整理 163
結果報告 162
検収 165
工数 162
剛性解析委託 165
剛性解析委託 166
剛性値 166
購入 163
顧客-重要な 162
故障-パソコン 163
コピー-ソフトウェア 163
コミュニティ 161
懇意 168
再計算 162
再計算 165
再計算 167
再契約 165
在籍 166
事実 162
自発的 165
社外秘 168
謝罪 165
熟知 166
主剪断応力 167
受託 162
受託側 165
上司 162
常識 161
常時接続 164
常駐 166
譲渡 164
承認-解析結果 162
初心者 166
処理-計算結果 163
書類手続き 165
自律的 161
人材派遣会社 166
設計基準データ 168
設計業務 168
設計認定 162
設計変更-提案 166
縦弾性係数 167
他律的 161
担当者 162
担当者-顧客 162
端末操作 168
調査不足 165
著作物 163
電子メール 164
入力データミス 165
値引き 165
ノート 168
派遣先 166
派遣先 168
バックアップ-ソフトウェア 163
判断間違い 166
評価応力 167
評価基準 166
評判 165
複製 163
複製-無断 164
文献 165
文献調査 165
返金 166
変更-パソコン 163
161
報告 165
補完 161
未達-目標 166
ミーゼス応力 167
モラル 161
予算申請 165
予算未消化 165
ライセンス 163
理由-正当な 162
倫理 161
倫理的 162
倫理的 163
倫理的 164
倫理的 165
倫理的 166
倫理的 167
連絡 165

S107計算力学固体2級標準問題集第9版調査_12章解説索引

12章の解説の索引です。第8版とは関係有りません。

項目 ページ
2バイト文字 246
2バイト文字コード 245
64bit 245
64ビット 246
ASCII 245
Assembler 249
AT & T 247
Basic 248
BD 247
BD-R 247
BD-RE 247
BD-ROM 247
BDXL 247
Bell研 247
BSD版UNIX 247
C 248
C# 249
C++ 248
C++ 249
CAD 248
CD Recordable 246
CD-DA 246
CD-R 246
CD-Re Writable 246
CD-ROM 246
CD-RW 246
Central Processing Unit 246
COBOL 249
CODASYL 249
COmmon Business Oriented Language 249
Compact Disc Read Only Memory 246
CPU 246
CPU 246
CPU 248
CR 245
C言語 247
C言語 249
Debian 247
DEC 247
DEC Alpha 247
DSP 246
DVD-RAM 247
EUC 245
File Transfer Protocol 250
FORmula TRANslater 249
FORTRAN 248
FORTRAN 249
FPU 246
FTP 250
FTPクライアント 250
FTPサーバ 250
GNU 247
GPGPU 246
GPL 247
i386 247
IBM 249
IEEE754 245
IMAP4 250
IMSL 249
Intel 247
Java 249
Java virtual machine 249
JAVAScript 248
JIS 245
LAN 250
LF 245
Linux 247
Local Area Network 250
Mac OS X 248
Macintosh 245
Macintosh 248
Message passing Interface 246
Microsoft 247
MPI 246
Network File System 250
Network Information Service 250
Operating System 247
OS 245
OS 247
OS 248
Pascal 249
PC互換機 247
Perl 249
Post Office Protocol Version 3 250
Redhat 247
Redundant Arrays of Independent Disks 250
Redundant Arrays of Inexpensive Disks 250
Ritchie 247
S.U.S.E. 247
ShiftJIS 245
Simple Mail Transfer Protocol 250
Slackware 247
Sun Microsystems 249
System V 247
Thompson 247
Torvalds 247
TurboLinux 247
UNIX 245
UNIX 247
Unix 247
UNIX 247
UNIX 249
UNIX 250
USBフラッシュメモリー 247
USBメモリ 247
VBScript 248
Vine 247
Windows 245
Windows 247
Windows 10 247
Windows95 247
Windows98 247
WWWブラウザ 249
アセンブラ言語 247
アセンブラ言語 249
アセンブル 249
アドレス空間 246
アプリケーションサーバー 250
アルゴリズム 245
暗号化 250
暗号化 250
インタプリタ 248
インタプリタ 249
引用符 246
ウィンドウシステム 247
英数字 245
オブジェクトコード 249
オブジェクト指向 249
オーバーフロー 245
オープンソース 247
改行コード 245
改行コード 246
改竄 250
加減算 245
加算 246
画像 246
仮想記憶 246
仮想メモリ 246
括弧 245
漢字Talk 248
漢字コード 245
管理者権限 250
カーネル 247
機械語 248
機械語 249
キャッシュ 246
キャッシュメモリ 246
業務ソフト 248
切り捨て 245
クローン 247
計算精度 245
計算速度 246
桁-上位の 245
桁落ち 245
高級言語 249
高級言語 249
高速メモリ 246
誤差 245
コマンド 247
コメント 246
コンカレントエンジニアリング 248
コンパイラ 247
コンパイラ 248
コンパイル 247
コンパイル 249
コード変換 246
シェル 247
四捨五入 245
指数 245
実数型 245
実数型 245
実メモリ 246
乗算 245
乗算 246
小数点以下 245
情報落ち 245
数値計算ライブラリ 249
スクリプト 248
スクリプト 248
スクリプト言語 249
整数型 245
セキュリティ 249
セキュリティ 250
積和演算 246
絶対値 245
ソースコード 248
ソースコード 249
足し算 245
中央演算処理装置 246
積み残し 245
低級言語 249
ディストリビュータ 247
テキストエディター 245
テキストエディター 246
テキストファイル 245
同時的協調設計 248
トラフィック 250
ネットワーク 249
ノードロックライセンス 250
バイナリモード 245
パイプライン 246
バックボーン 250
引き算 245
ピクセル 246
ビット長 246
表計算 248
ファイルシステム 247
ファイル転送 250
浮動小数点演算 245
プラットホーム 248
プログラミング言語 248
フロッピーディスク 246
フローティングライセンス 249
分散処理 246
並列計算 246
並列処理 246
ベル研究所 249
マクロ言語 248
マルチセッション 246
丸め誤差 245
ミニコン 247
メモリ転送 246
有効数字 245
ユーザーインタフェース 247
ライセンス 249
ライセンス管理 249
ライセンスサーバー 249
ライセンス数 250
割り算 245

S106計算力学固体2級標準問題集第9版調査_12章問題索引

12章の問題の索引です。第8版は関係有りません。

項目 ページ
32ビット 154
64ビット 154
Assembler 158
AT互換PC 157
BD 155
C++ 158
CAD 157
CD-R 155
CD-R 160
CD-ROM 155
CD-RW 155
CPU 153
CPU 155
C言語 158
DMA 154
DSP 154
DVD-RAM 155
FFT 154
FIle Transfer Protocol 159
FORTRAN 158
FPU 154
FTP 159
FTP 160
GPGPU 154
GPU 154
IMAP4 160
Java 158
LAN 159
Linux 156
Local Area Network 159
Macintosh 156
MacOS 156
MPI 153
NFS 160
NIS 160
OS 155
OS 157
perl 158
POP3 160
RAID 160
SMTP 160
UNIX 153
UNIX 156
USBメモリ 155
Windows 153
Windows 156
Windows 157
WWW 160
アプリケーション-商用 159
インタプリタ 157
インターネット 159
インターフェース 155
ウィルス 159
オブジェクト指向言語 158
オープンソース 156
改行コード 153
改竄 160
科学技術計算 158
加算 153
加算 154
仮想記憶 153
仮想メモリ 153
簡易言語 157
記憶媒体 155
記憶メディア 155
記憶容量 155
機械語 157
機械制御 158
キャッシュ 154
キャッシュ 154
業務用ソフト 156
クロスプラットホーム 158
桁落ち 152
桁落ち 153
減算 153
高級言語 158
高速化 154
誤差 153
コンパイラ 155
コンパイラ 157
コンパイル 153
コンピュータ 157
四則演算 152
実行形式 157
実数型 152
実メモリ 153
乗算 152
乗算 154
情報落ち 153
処理効率 157
数値計算ライブラリ 158
整数型 152
精度 152
精度 154
積和演算 154
セッション 155
大規模計算 154
足し算 152
低級言語 157
ディスク装置 155
テキストファイル 153
電子メール 159
電子メール 160
転送 153
添付 160
データ長 154
データ転送 159
ネットワーク 157
ネットワーク 159
パイプライン 154
パソコン 156
バージョンアップ 156
引き算 152
浮動小数点 154
浮動小数点演算 153
プラットホーム 152
プラットホーム 157
プログラミング言語 158
フローティングライセンス 159
並列処理 154
マルチコア 154
丸め誤差 152
ミニコン 156
メディア 155
メニーコア 154
メモ帳 153
メモリ 155
メモリ空間 154
文字型 152
有効数字 153
ライセンスサーバー 159
ライセンス数 159
割り算 152
ワークステーション 156

S105計算力学固体2級標準問題集第9版調査_11章解説索引

11章の解説の索引です。第8版とは関係有りません。

項目 ページ
AIAA 243
ASME 243
ASME V&V 10-2006 243
ASME V&V 10-2006 244
ASME V&V 20-2009 244
Calculation Verification 243
Code Verification 243
Computational Fluid Dynamics 244
flange 241
Heat Transfer 244
ISO 243
kg 242
kg/m3 242
kgf・s2/m4 242
kgf/mm2 242
mm 242
MPa 242
N 242
NAFEMS 243
spot 241
Validation 243
Verification 243
warping 241
厚肉円筒 241
穴-無限板の 241
アメリカ機械学会 243
アルゴリズム 243
一次元定常温度分布 242
薄肉閉断面梁 241
円筒 242
応力 243
応力-最大位置 242
応力-内表面 241
応力集中 241
温度勾配 242
解析コード 243
回転 242
概念モデル 243
外力 242
荷重境界 243
加速度 242
片持ち梁 242
強制変位 243
計算モデル 243
検証 243
工学単位 242
公式集4.1 241
公式集6.1 241
公式集7.1 241
拘束点反力 242
剛体 242
剛体要素 242
合力 242
最大変位 241
最大変形量 241
作用反作用 242
実験データ 243
実験の計画 243
質量 242
質量密度 242
シミュレーション結果 243
周方向応力 241
周方向拘束 241
数理モデル 243
スポット溶接 241
正解 243
縦弾性係数 243
縦弾性係数-間違い 243
妥当性確認 243
撓み角 242
単位-応力 242
単位-質量 242
単位-縦弾性係数 242
単位-力 242
単位-統一 243
単位-長さ 242
単位換算 243
定性的評価 242
定量的比較 243
伝熱面積 242
内圧 241
内力 242
捩り角度 241
捩り剛性 241
熱伝達率 242
熱伝導率 242
熱流体 244
バグ 243
242
梁理論 241
243
比例 243
ピーク応力 241
負荷点 242
不確かさ 243
物理現象 243
物理モデル 243
フランジ部分 241
フリーボディダイアグラム 242
変位 243
曲げモーメント 242
モデル化-妥当性 244
モーメント-最大 242
要素分割 243
予備計算 244
離散化 243
流体温度 242
理論解 241
ワーピング 241

S104計算力学固体2級標準問題集第9版調査_11章問題索引

11章の問題の索引です。第8版は関係有りません。

項目 ページ
4節点軸対称要素 143
ASME V&V 10-2006 150
Calculation Verification 150
Code verification 150
Code verification 151
Convergence check 150
GPa 150
mm 149
Model verification 150
MPa 149
Validation 150
Validation 151
Verification 150
Verification 151
圧力 143
穴開き平板 142
アルゴリズム 150
薄肉梁部材 144
薄肉閉断面材 144
遠心力 149
円筒 143
円板 142
応力-最大位置 146
応力-内表面 143
応力集中 142
解析コード 151
概念モデル 150
概念モデル 151
荷重境界条件 149
計算精度 143
計算モデル 150
拘束点 149
剛体要素 146
剛体要素 147
自重 149
実験計画 150
実験結果 151
実験モデル 150
四辺形要素 142
四辺形要素 144
集中荷重 145
周方向応力 143
数理モデル 150
数理モデル 151
スポット溶接 144
接触熱抵抗 148
対称性 142
縦弾性係数-間違い 149
単位-圧力 150
単位-応力 149
単位-質量密度 149
単位-縦弾性係数 149
単位-補正 150
断熱材 148
断熱壁-円筒形 148
長方形平板 149
定常温度分布 148
定量的比較 150
内圧 143
内圧 150
捩り角度 144
捩りトルク 144
梁-円断面 145
梁-円断面 146
梁理論解 144
反力 149
引張荷重 147
ピン支持 145
ピン支持 146
不確かさ 150
物理現象 150
物理現象 151
物理モデル 150
物理モデル 151
フランジ部 144
分割数-板厚方向 143
分布荷重 149
変位分布 147
変形モード 146
モデル化-適切な 151
要素分割 142
要素分割 150
予備計算 150
離散化 151
理論解 143
理論解 151
ワーピング 144